本文へ移動
学校法人マリア学院
倉敷マリア・インマクラダ幼稚園
〒712-8032
岡山県倉敷市北畝2丁目17-37
TEL.086-455-4413
FAX.086-455-4499
1
1
9
2
1
9

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

卒園式

2021-03-17
3月16日 36名が幼稚園を巣立って行きました。
1人1人 名前を呼ばれると大きな声で「はい!」と返事をしたAさん(年長児)は、
「大きくなったら〇〇になりたいです。」と将来の夢を発表しました。花道を堂々と
歩き園長先生から卒園証書を頂き、保護者の方に感謝の気持ちを伝えました。
Aさんの表情はとても誇らしくキラキラと輝いていました。コロナ禍で制限が多い
1年でしたが、いつも元気一杯で何事も楽しく過ごせたAさんとの思い出はつきません。
 小学校に行っても自分の事が好きでいられるように、友達の事が好きでいられるように、
いつも見守って下さる神様が好きでいられるように、いつまでも応援しています。
そして皆様の明るい未来をお祈りしています。心から感謝申し上げます。


頑張ったこと発表会・ ドッチボール大会

2021-02-26
2月26日 今年度の頑張ったこと発表会は、コロナ禍で時間短縮の為、個人での発表ではなく
各クラスごとに頑張ったことを発表しました。
 クラス名の由来となったシスターの歌を唄うクラス。大好きな曲で創作ダンスを披露するクラス。
継続して練習している縄跳びや跳び箱を発表するクラス。運動会で優勝したリレーを練習から実践
まで発表するクラスと様々でした。またクラスごとにAさん(年長児)全員、長縄の8の字跳びを挑戦
しました。各クラスで決めた目標の達成を目指して心を一つにして頑張りました。
 ドッジボール大会も例年Aさんがとても楽しみにしている行事です。投げる、捕る、逃げるを
たくさん練習し、外野、内野、ジャンプボールとそれぞれの役割を意識しながら練習を重ねてきました。
練習の成果を発揮し、試合はとても盛り上がりました。ドキドキワクワクしながら楽しみました。
今年はイエズス組が優勝しました。残念ながら体調不良や怪我などで参加できなかったAさんもいましたが
それまでの練習の日々が子ども達の心に積み重なっています。頑張り続け、励まし合いながら過ごした
日々は宝物です。
いましたが、それまでの練習の日々がこどもたちの心に残っています。

Aさん お別れ遠足

2021-03-04
園生活最後の思い出作りとして、年長さん36名で岡山市南区にあるサウスヴィレッジに行ってきました。

とても良い天気に恵まれ、朝からワクワクのAさん  

バスの出発までは、お散歩ビンゴを作りながら楽しみに待ちました。 

サウスヴィレッジに着くと、とんがり屋根の展望塔や大きな壺、風車などが見つかり、嬉しそうにビンゴにシールを貼っていました  

少し園内を散策し、クラスで記念撮影をした後、Aさんみんなでバナナ鬼ごっこをして、広い芝生をたくさん走り周りました!

たくさん遊んだ後は、クラスの友達とお昼ごはんです。気温も丁度良く、お母さんが作ってくれたおにぎりや、買ってきたおやつをとても美味しそうに食べていました  

食後はフライングキットやドッジボール、縄跳びなど好きな遊びをして過ごしました。

あっという間に帰りの時間となり、たくさん遊んで疲れたのか、帰りのバスでは眠っている子ども達も…。

園生活最後の楽しい思い出となったようです  

卒園まで残りあと少し、みんなで元気に過ごせますように!

 

Bさんの宗教

2021-02-15
今回のBさんの宗教は、教会のお御堂で行われました。
今日は「しんせつなたびびと」という紙芝居を見て、お友達に親切にすることって
どういうこと?ということをみんなで考えました。
シスター友田の「お友達に親切にするってどういうこと?」という問いかけに、
子ども達は「お友達が困っていたら助けること」や「お友達と仲良くすること」
「優しい心でいること」等と答えていました。

最後に「お友達に親切に出来ますように」「お友達と仲良くできますように」と
お祈りをして、終わりました。

地震避難訓練

2021-01-14

今回は、震度5の地震を想定して、行いました。また、給食後に行い、

室内で片付けをしている子、戸外で遊んでいる子等、子ども達が様々な所にいる時間帯を選びました。

今回のねらいは、『近くにいる先生の指示をよくきいて、安全な所に避難する』でした。

地震や火災は、いつ起こるか分からず、いつも担任の先生と避難できるとは限りません。

戸外にいる子ども達は、地震の音が聞こえてくると、近くの先生の指示をよく聴いて、

物が倒れてこない安全な所(園庭中央部など)に集まり、しゃがんで自分の頭を手でしっかりと守ることが

できていました。室内にいた子ども達も、すぐに机の下に入って、頭を守り、

室内にいた先生の指示に従って落ち着いて教会前に避難することができていました。

子ども達がそれぞれの場所で、近くにいる先生の指示をよく聴いて、自分の命を守り、

落ち着いて行動することができていたので、もしもの時に備える練習がしっかりできたと思います。

TOPへ戻る