本文へ移動
学校法人マリア学院
倉敷マリア・インマクラダ幼稚園
〒712-8032
岡山県倉敷市北畝2丁目17-37
TEL.086-455-4413
FAX.086-455-4499
1
5
8
0
7
4

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

Aさんドッジボール大会

2024-02-20
くらしき健康福祉プラザ4階体育館にて、Aさん(年長児)クラス対抗ドッジボール大会を行いました。
試合前には、各クラスで大会に向けて頑張ったことや、「全部のクラスに勝って優勝するぞ!」「絶対トロフィー持って帰るぞ!」など意気込みを、元気良く発表しました。
その後の試合では、今年度も各クラス総当たりとなるリーグ戦で行いました。
勝っても負けても、最後の順位発表まで諦めずに頑張る姿が本当に素晴らしかったです!
試合の結果、ヨゼフ組が優勝となりました。おめでとうございます☆
保護者の皆様、温かい声援をありがとうございました
友達と力を合わせて頑張るぞ!
外野は誰にしようかな…作戦会議中。
よろしくお願いします!!
白熱した試合となっています
一人でも多く内野に残れるよう頑張りました
ヨゼフ組おめでとうございます!
最後までよく頑張りました☆

保護者の皆様からの素敵なプレゼント♪

2024-02-08
カラーマットのプレゼントが届きました!
第一号! バランス・ストーンに挑戦しました。
カラーマットのトンネルくぐりです。
あゆみクラスの子ども達も、大喜びです。
足裏もマッサージされているみたいな気持ちになります。
みんなで楽しく使わせていただきます。
子どもたちが、園内・外で使えるように『カラーマット』を10枚、『バランス・ストーン』を2セット保護者の皆様からプレゼントしていただきました。「僕、赤色マットで前転してみたいな~!」「きれいなマット~♪」「ブリッジしてみよ~!」ピカピカのマットを見た子どもたちは、大喜びでした。バランス・ストーンの道を「わ~っ!」「おっとっと!」「ちびっこ~高いのまで、歩けた!!」「黄色ばっかり通って歩いてみたよ!」「グージャンプでバランスストーンの上を動けたよ!」可愛いつぶやきが、たくさん聞こえてきました。みんな、体幹が今以上に強くなりそうです。
 
保護者の皆さま、子どもたちのために素敵なプレゼントを本当にありがとうございました。みんなで大切に使わせていただきます。

PTA音楽交流会での歌声を披露していただきました

2024-01-30
 倉敷マリア・インマクラダ幼稚園、保護者会有志によるお母様方が、
倉敷私立幼稚園のPTA音楽交流会で合唱された歌、『マリア・アントニア・パリス』 
『ありがとうの花』を、子ども達にも、披露してくださいました。
優しく、あたたかい心のこもった歌声と素敵なハーモニーに子ども達、職員も心から感動いたしました。
クラスに戻ると、子ども達は、「お母さん、頑張ってた!」「すごく綺麗な声だったなぁ…」
「どうしてあんなに高い声が出るんだろう…」等と、喜びながら感想を伝えてくれました。
幼稚園の子ども達のために、このような素敵な時間を共有していただき、
とても貴重で幸せな時間となりました。お母様方に、感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

Aさん 命のお話(性教育)

2024-01-29
鳥越千裕先生(ちっぴー先生)にお越しいただいて、命のお話を聞きました。
卒園前最後となる今回のテーマは『死生観』。
生きるってどういうこと?死ぬって?死んだあとは、どうなるの?
難しいテーマを、子ども達にわかりやすくお話して下さいました。
講演の途中には、Aさん一人ずつちっぴー先生が聴診器を胸に当ててくれ、心臓の音をマイクで聞きました。
生まれてから5年、6年間、一度も止まることがなく動いていることを、自分の体を使って感じることができました。
他にも、ちっぴー先生が棺桶体験をした時のお話や、生まれる前の記憶がある女の子の絵本を読み聞かせしていただきました。
命の誕生や体の仕組み、大切な自分の心と体の守り方について学んできたAさんが、最後にこのようなお話が聞けた事、ちっぴー先生との出会いに感謝いたします。
貴重なお話を、ありがとうございました!

地震避難訓練

2024-01-25
1月25日に今年度初めての抜きうちの避難訓練を行いました。
今回は給食後だったので、子ども達は外で遊んでいたり、帰りの片付けをしたりしていました。放送の地震の音を聞いて、すぐに手を止め素早く机の下に隠れ、
自分の頭を手でしっかりと守り、揺れの音が止まると先生達の声掛けで教会まで避難しました。
時間予告無しの避難訓練の為、驚いている子ども達もいましたがスムーズに避難することができ園長先生からも、「誰もお部屋に残らず上手に避難できたね」と
大きな○を頂いた子ども達はとても嬉しそうでした。
いつ起こるかわからない災害に備えて、今後も行って行きたいと思います。
TOPへ戻る