本文へ移動
学校法人マリア学院
倉敷マリア・インマクラダ幼稚園
〒712-8032
岡山県倉敷市北畝2丁目17-37
TEL.086-455-4413
FAX.086-455-4499
1
6
2
4
8
3

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

クリスマスお祝い会が行われました

2023-12-27
12月26日(火)くらしき健康福祉プラザ5階ホールにて延期されていた
クリスマスお祝い会が行われました。
今までAさんが発表していたイエズス様の降誕劇を
今回は縦割りクラスの良さを生かして、AさんからDさんまで全員で
発表していきました♪
 
 1幕 天使の知らせ~受胎告知      (マリア組)
 2幕 ヨゼフとマリアの旅~イエス様誕生 (パリス組)
 3幕 羊飼いの訪問           (イエズス組)
 4幕 博士たちの長い旅~三つの贈り物  (ヨゼフ組)

今回は観客席いっぱいの会場。いつもと違う雰囲気で緊張している様子でしたが
保護者の皆様が温かく見守って下さったおかげで、広いステージで堂々と演じることが
できていました。

イエズス様のお誕生をみんなでお祝いできたことに
教職員一同心より感謝いたします。


クリスマス、おめでとうございます!

2023-12-25
あっ!イエズス様がお生まれになったね!
わあ!可愛いねえ!
教会で行われたクリスマスのミサに参加しました。
神父様が、『良い言葉のプレゼント』のお話をして下さいました。
Aさんは、祭壇の前で、神父様から聖水をかけて祝福していただきました。
午後から、B・C・Dさんも、御聖堂に行かせてもらいました。
 12月25日、クリスマス、おめでとうございます。
登園してきた子ども達は、マリアの園の馬小屋をのぞいて「わあ!イエズス様が生まれてるね。」「かわいいねえ。」「みんなで待ってたよ~!」とお話していました。今日は、Aさんたちは幼稚園のお隣にある、水島カトリック教会の御ミサに参加させていただきました。神父さまや、教会の方々・園長先生・担任の先生と一緒にクリスマスミサにあずかることができたこと、子どもたちに、特別に神父様が祝福してくださったこと、Aさんのために「いい言葉」のお話をしてくださったこと、Aさんたちには、心に残るクリスマスプレゼントとなりました。B・C・Dさん達は、午後から教会に、お祈りに行かせてもらいました。明日は、延期になっていたクリスマスお祝い会です。今日みんなで教会に行かせてもらい、お恵みをいっぱいいただいたのできっと大丈夫。子どもたちがこれからも元気に笑顔いっぱいの毎日を過ごすことができますように。そして、世界中の子どもたちも、みんなが心穏やかに平和な毎日をおくることができますように。神様、これからもずっと見守っていてください。 12月25日のこの日を、子どもたちと一緒に過ごすことができたこと、心より感謝いたします。  




心のこもったクリスマス献金をお捧げしました。

2023-12-22
 11月20日からはじまった今年の待降節。子どもたちは、イエズス様のお誕生を楽しみにしながら、各家庭で、『クリスマス献金』を続けてきてくれました。
登園後、各クラスのホーリーコーナーに一人ひとり大切な献金をお捧げしていました。待降節に入って毎日少しずつ世界中の、困っているお友だちのことを考えながら献金を続けてきてくれたことが伝わってきた時間でした。「お手伝いして、ここに(お金を)入れたんよ!」「お小遣いもらったときに、半分こして入れたんよ」子どもたちの優しい心とともにお捧げしました。保護者の皆様のご理解とご協力にも心より感謝申し上げます。もうすぐ12月25日。クリスマスですね。2000年以上前に生きた人たちのように、みんなでお祈りしながらイエス様の御誕生を待っていたいと思います。

Aさん絵画指導がありました。

2023-12-22
パリス組
イエズス組
マリア組
ヨゼフ組
Aさん(年長)の絵画指導がありました。
色とりどりの折り紙をハートの形に切り、紙皿のリースいっぱいにボンドを使って貼り、とても素敵なオリジナルリースが完成しました♪

お互いに見せ合い「すご~い!」「可愛い!」と完成を喜んでいました。おうちに飾るのが楽しみですね!

待降節がはじまりました。

2023-11-20

 カトリック教会では、イエズス様のお誕生前の4週間を待降節(ご降誕を待つ期間)としています。待降節の間、イエズス様のお誕生(クリスマス)を楽しみにしながら僕・私にはどんな心のプレゼントができるだろうかと子ども達は意識しながら過ごし、少しずつみんなでクリスマスの準備をしていきます。
倉敷マリア・インマクラダ幼稚園では毎年、クリスマスお祝い会の日(今年は12月15日)にイエズス様のお誕生をお祝いすることにしています。そのため、カトリック教会の待降節より一足早く幼稚園の待降節を迎えることになっています。幼稚園では11月20日から待降節が始まり、マリアの園に小さな馬小屋、アドヴェント・クランツ、そして赤ちゃんのイエズス様が眠るための飼い葉桶を準備しました。子どもたちは、その様子に目を輝かせ手を合わせ、お祈りと共に、飼い葉桶に1本ずつ藁をそっと入れていました。クリスマスお祝い会当日には、子どもたちのお祈りと、温かい心のこもったこの藁のベッドにイエズス様がお生まれになります。その日を楽しみに、みんなで準備をしていきたいと思います。
TOPへ戻る