本文へ移動
学校法人マリア学院
倉敷マリア・インマクラダ幼稚園
〒712-8032
岡山県倉敷市北畝2丁目17-37
TEL.086-455-4413
FAX.086-455-4499
1
6
3
8
3
6

ブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

マリア幼稚園創立50周年記念式典

2017-12-10
創立記念日であり、無原罪のマリアの祝日である12月8日、マリア幼稚園創立50周年記念式典が行われました。
子どもたちとともに、今年度の始まりの時から『幼稚園の50歳のお誕生日』として、この日をとても楽しみに待っておりました!
特にAさんは、運動会の組体操にもテーマに取り入れ、いろいろな形で「おめでとう」の気持ちを表現してきました♡

当日は、岡山倉敷の私立幼稚園の園長先生方をはじめ、お世話になっている業者の皆様、神父様、シスター方、歴代の保護者会会長様、姉妹園の先生方、旧職員の皆様など、たくさんの方々にお祝いにお越しいただきました。

1部では、お隣りのカトリック水島教会において、クラレチアン会のアベィア神父様と淳心会のバルト神父様の司式により、感謝ミサが行われ、途中からはAさんとともに、祈りの時間を共有することができました。
Aさんからは、マリアさまへの感謝の聖歌『アヴェマリア〜私たちとともに〜』・お祝いの歌『君の笑顔』『心から心へ』・みんなで考えたお祝いのメッセージ を披露し、最後に大好きなマリア幼稚園の園歌を歌いました♫
心のこもったあたたかい子どもたちのお祝いの歌やメッセージに、感動して涙を流してくださっている方々もおられ、子どもたちの存在の大きさを感じ、感謝したひと時となりました。

2部では、こひつじホールにおいて祝賀会が行われました。
マリアさまとたくさんの美しい花々で、会場を温かく優しい雰囲気に包まれ、たくさんの皆様に集まっていただくことができました。
あたたかいお祝辞や励ましのお言葉をくださった来賓の皆様、遠方から楽器を持参してくださり、素晴らしいバロック音楽を演奏してくださった三人のプロ奏者の先生方、すてきな歌声をお聴かせくださったお母様方、本当にありがとうございました。

そして、この日を迎えるまでに、見えないところで一生懸命共に考え、悩み、動き、支えてくださったすべての方々に、心から、深く感謝申し上げます!

「これからも 僕たち、私たちと一緒に、マリア幼稚園が大きくなりますように!」
〜子どもたちのメッセージより〜

待降節のはじまり

2017-11-28
マリア幼稚園では、イエズスさまのお誕生を楽しみに待つ期間として、待降節1週目27日〜、2週目12月4日〜、3週目11日〜、4週目18日〜そして、お祝い会の日がイエズスさまのお誕生日として考えています。
その期間には、ホーリーコーナーにろうそくを用意したり、マリアの園に馬小屋やアドベントクランツを準備したりします。イエズスさまがお生まれになる飼い葉桶には、登園したらお祈りをして、わらを1本ずつ入れていきます
保育室のアドベントカレンダーの数字を毎日1つずつめくりながら、子どもたちと一緒に、クリスマスを楽しみに待ちます

Bさん 神様のお話

2017-11-22
11月21日にBさんの神様のお話がありました。
シスター友田が紙芝居『ろうそくものがたり』を読んでくださいました。
いつもは目立たないけれど、台風の時には誰よりも輝き、明るい光を自分の身をけずってはなってくれたろうそくのお話でした。
ろうそくの光のように神様もみんなの為に光を照らしてくださっています。
自分のことばかりではなく、助け合う心、優しい心をもった人になれるように、神様からいただいた命をいきいきと輝かせて生きることができるようにと教えていただきました。
心の中がぽっとあたたかくなる時間となりました

園外保育

2017-11-21
11月20日と21日に園外保育で福田公園に行きました。朝からみんな「どんぐりあるかな~?」とウキウキでした。
初めてバスに乗ったDさんは、バスの中でもニコニコで到着するのを楽しみにしていました
CさんとDさんは、AさんやBさんとペアになって手を繋いで歩きました。
「帽子をかぶったどんぐりがあった!」「長~いどんぐり見つけたよ!」とお友達と笑顔でお話する子どもたち、とても可愛かったです♪
みんなで楽しく安全に、園外保育ができました

父親の集い

2017-11-11
11日土曜日、父親の集いが行われました。
久しぶりのお父さんと一緒の登園では、嬉しそうな笑顔いっぱいの子ども達、ちょっと照れながらの子ども達、いつもと違う環境に緊張気味の子ども達…みんな違って、それぞれがすてきな姿でした!

登園から講演までの間、短い時間でしたが、いつも通りの活動を参観していただきました。
いつもと変わらず、黙々とお仕事を続けている子ども達や緊張して少し涙が出た子ども達、どの姿も「今日」の子どもの姿として、認め受け入れてあげたいですね♡

講演では、小百合学園広島モンテッソーリ教師養成コースのシスター下條裕紀媛先生に、モンテッソーリ教育の歴史的背景や基本的理論、人間の成長過程の特徴などを教えていただきました。
シスター下條先生は、現場の園児とも実際に関わっておられるので、お話しの中には現場の子ども達の事例の数々の紹介もありました。
そして、私たち大人が、子ども一人ひとりがもっている「内的欲求」を読み取り、どのように関わっていくことが大切かーについて、心を込めて熱心にお話しくださいました。

日々の振り返りの中で、どうしたら良いのだろうと悩むこともありますが、「子どもから教えていただきましょう。生活する姿の中に、ちゃんと示してくれていますよ。」と、シスター下條先生が、メッセージをくださいました。
心から、感謝します。

これからも子ども達を真ん中に、ご家庭と幼稚園が共に歩んでいけますように、努力していこうと思います。
TOPへ戻る